オーストラリアへのワーホリでのんびり農業

広い大地、田んぼを目の前にオーストラリアでワーキングホリデー!

おおまかに決めておこう滞在計画

   

ビザの取得条件の項目を読んでわかったと思いますが、WH制度は心身ともに健康体な若者ならば、誰でも参加できて、低予算でも叶えられる夢の海外長期生活制度。どんな1~2年を過ごすかによって資金計画も微妙に異なるもの。お金の話に進む前に、おおまかにプランニングしておきましょう。

滞在期間を1年にする2年にするかで大違い

最初に考えなければいけないのが、滞在期間ですね。ここに興味深い事実があります。わたしが今までサポートしたWHメーカーだけのお話ですが、2005年11月からセカンド・ワーキングホリデー制度が始まったものの、オーストラリア到着時の彼らの希望は、1年間と2年間が半数ぐらいずつでした。
しかし、そんな彼らも半年もすると英会話力がアップし、OZとの生活に慣れてきて、セカンド取得を希望し出すWHメーカーが続出。最終的には約80%のWHメーカーがセカンドまで突入しました。

さらに言えば、普通の日本の受験英語程度でオーストラリアにやって来た場合、日常会話程度の英会話力がつくのは、本当に頑張った人でも最短で1年半はかかります。なので、せっかく最長2年間まで滞在できるようになったのですから、このチャンスを使わず中途半端な英会話力しかつかないまま帰るのはもったいない気もしますよね。
どうしても1年で帰国しなければいけない事情があったり、年齢的にセカンドが出来ない人は、1年間を3ヵ月毎の4シーズンに分けて考えるとよいでしょう。例えば、メルボルンでホームステイしながら3ヵ月間語学学校→シドニーでOZシェアしながら3ヶ月間働く→バースでOZシェアしながら3ヵ月間働く→3ヵ月間ラウンド旅行・・・・・・といったプランニングがおすすめ。2年間を考えている方は、とにかく最初の1年は英会話力を付けることと、セカンドの権利取得のための条件をクリアすること、資金を貯めることだけに集中し、やりたいことや計画していたことはすべて2年目に回すようにするとWHが大成功します。

 - ワーホリ生活